『盗忍!剛衛門』初打ち!鬼賽の力、とくとご覧じろ!(その1)

スポンサーリンク

どうも、Gマンです!今回は、今更ですが『盗忍!剛衛門』を初打ちしてきたのでその感想と、初心者向けにやや複雑な仕組みの本機種の特徴などもざっくりと書いてみました。

 

当日ボーナス0、盗目35位のを拾って打ち始め。
リセットなら天井は盗目66のハズ・・・と思いきや、普通に66を通り越した!という事はほぼ据え置き確定。いいだろう、昨日も250ゲームは回ってる事だし、さらに鬼賽を貯めて、一撃の破壊力を貯めるのも夢があって良い!

 

そして投資2万円・・・鬼賽×34個たまって、ようやくボーナス確定。34個って、けっこうスゴイ事になるんじゃないの?
さて、剛衛門の力を見せて頂きましょう!!

【実践動画】
 

はいっ、ご覧の通り150ゲーム獲得!ん~、きっとこれは、少なく見えるけどスゴイんだろうな。この150ゲームの間に、色々上乗せとかを引いて、きっと3000枚クラスの潜在パワーがあるに違いない・・・なんつっても、鬼賽×34個だもんな~?♪

 

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

 

特化ゾーンも引けず、駆け抜け500枚で終了!乙!

くっ・・・なんですか、コレ?クソつまんねーッスよ?「とぅーっす!」とか言っても、ダメじゃん春●・・・

(てゆーか、こんだけ鬼賽あって一回も上限解放しないってどんだけ??)

 

『2-9伝説』様の解析サイトを参考にすると、鬼賽31-35個の平均上乗せゲーム数は260G程らしい。

やっぱり平均よりだいぶ下だな。260もあれば、特化ゾーンとかも引けたかもしれないし、どうやらこの機種は、ARTが続けば続くほど、ARTレベルが上がり、盗目(チャンス目みたいなもの)確率もそれに応じて上がっていく仕組みらしい。という事は、初期ゲーム数の多さが出玉をむちゃくちゃ左右してくるということだ!

純増2.0枚なのにベルが15枚役なので、ベル確率が低く、一番引きたい上乗せゾーン中に引きにくい仕様か・・・? 番長3で言えば対決中に子役が引けないようなもので、これは頂けない。

(対決の演出とか、番長3と激似です。ついでに作りました、みたいな感じなのかな・・・)

グラフィックは綺麗でカッコイイので見応えありますが、やはり出玉あってこそ。初打ちは残念な結果に終わりました。

 

てか前にYoutubeで剛衛門の動画を見た時、よく分からないが女キャラが「一体感~♪」って吠えて上乗せ、というシーンを見たのですが、その時は全く意味不明でした。一体感って何ですか?と・・・ でも今回ごみくずさん(スロ・パチ系Youtuber)の動画を見て、ようやく意味が分かったような気がします!もしまた打つ機会があれば、次回は剛衛門ではなく、紅黄金で行きたいと思います。多分、Gマンとの相性は良いはず・・・今回は不発だったので、次回こそは必ず、一体感で吹かせてみせる!スキル"G-Rush"さえ発動すれば、余裕で噴くはずだぁ!

 

ART『粋三昧』の仕組みについて

まず最初にキャラ選択し、ARTのゲーム数を抽選で決定します。1ゲームごとに鬼賽を1個消費し、ハズレとリプレイ以外で上乗せしますが、その際に"上乗せゲーム数の上限/下限UP抽選"も同時に行っているようです。早い段階から上乗せゲーム数の上限/下限が伸びてくれれば、初期ゲーム数もグンと伸びやすくなる仕様です! 逆にここが伸びてくれないと、初期値は11~22Gなので、少しずつしか上乗せできません。

 

また、鬼賽が残り4つ以下になると、上乗せ時に鬼賽が4つに再セットされます!(ミリオンゴッド凱旋のSGGみたいな感じ)

たった4ゲームなのでそのまま終了してしまう事もよくありますが、引きが強ければこの4ゲームで何度も上乗せしまくる事も一応可能となっております。

 

今回、こんな設置台数の少ない(約7000台?)くせに仕組みが複雑な機種について一生懸命解析サイトを読んで学びましたが、せっかく勉強したので少し初心者向けにゲーム性を書いてみました。なお天井は、盗目99個(リセット時はほぼ66個)で、PUSHボタンを押すと表示されます。鬼賽の数は、コインを入れると画面右上に表示されますが、こちらは設定変更時もリセットされません!なので、鬼賽が貯まっている台があれば、ARTまで打ちきる事で、大量出玉狙いも可能です。
(といっても、今回の僕のように鬼賽30個程度ではこの程度のショボイ結果に終わる可能性もあるので気を付けて下さい。ヒキの要素が強い機種のようです)

 

・   ・   ・   ・   ・   ・

 

 

話変わりますが、たまたまTVで流れていた『なんでも鑑定団』で、勝海舟・直筆の書が三点で260万という鑑定評価でした!

勝海舟直筆の書・・・欲しいなあ。我が家の家宝にしたい!

(なんか、直筆の書を飾りたいなんて言うと、おじさんって感じもしますが・・・「勝海舟のような男になりたい!」と言うべきかな?)

勝海舟・・・剣と禅を極めし男。坂本竜馬が師と仰いだ、江戸城無血開城の立役者でござるか・・・
吉宗とか政宗はあるけど、『パチスロ勝海舟』とかは、絶対にやっちゃダメな気がするぞ。

 

 ―written by  

コメント

タイトルとURLをコピーしました