パチスロよりもいい事いっぱいの・・・

スポンサーリンク

今日はハナビの6濃厚台等が空いていたので打ってみたが、どうもアカンかった。こないだもハナビでREG8連とかひどい展開に苦労したけど、今回は負けましたから・・・。

 

もちろん、本当はクラセレやミリオンゴッドを打ちたいんだけど、狙い目の空き台がなかったので。

 

ふと思ったんだけど、遊びと金儲けは分けて考えた方が良くない?と。

 

スロットは、両方の要素があるが、良い台をGETするのはラクじゃない。

ミリオンゴッドにしろ、狙い目なんてとっくに皆に知れ渡っているのだから。今時、ああいうハイリスクな台を何の予備知識もなく打つ人は少ないだろう。

 

インベスターZの3巻を読んでいて、株取引も面白そうだし、そっちの方がいろんな意味でいいかな、と思い始めました。

 

株ならば、

1:誰でも好きな企業の株を売買できる(パチスロのように、イス取りゲームではない)し、

 

2:パチスロよりもはるかに儲かる可能性がある!

 

3:ネットがあればどこでも可能。騒音とタバコの煙とも無縁

 

4:社会や経済にアンテナを張るので勉強にもなる!

 

5:ギャンブルよりも趣味としては女性ウケもマシだろう。

 

 

・・・こう並べてみると、良い点の方が圧倒的に多い気がするぞ。

 

 

インベスターZを読むことで、投資の勉強にもなりそう。3巻では投資の神様、ウォーレン・バフェット氏の話も出てきました。

 

僕は今、メキシコペソに目を付けてFXをやってるけど、下手に小賢しく分散投資なんて考えるよりも、元手の少ないうちは、むしろ自信のあるものに「一点集中の投資」をした方が良いのではないかと思いました。でもそれは、やみくもにすることじゃなくて、バフェット流は、「とことん投資対象に詳しくなる事・・・それこそ、それについて論文が一冊書けるぐらい詳しくなれ」だ。

 

そうだとすると、僕はメキシコの経済についてちょっとネットで調べただけで、メキシコという国についてはまだまだ全然詳しいとは言えません。なので、本当はこの状態ではあまり、メキシコペソにMAX-BETするべきではないのだろう・・・。

 

どうせだから一度ぐらいは、旅行で行ってみたいなあ。

 

 

ミリオンゴッドにしても、遊びは遊びと割り切って、お金のかかるものだと割り切る。そして仕事や他の事でお金をじゅうぶんに稼いでから、遊べばいい・・・そうすりゃ、ひたすら天井狙い目台を見つけるまで待つ必要もない。もっとも、もうすぐパチ屋からなくなってしまうかもしれないけど・・・未来にはまた、何かしら面白い機種が一つや二つぐらいあるだろう?もしくは、その時にはもうパチスロが趣味ではなくなっているかもしれないが、それはそれでOK!もっとマシな趣味を見つけているのなら、それでいいさ。

 

とりあえず現状でも、500ゲームあたりでヤメ(もしくはリセット直後)の台ならわりと簡単にGET出来る。一応、期待値的には500ゲームから打ち始めても少しだけプラス収支ではあるようだ。

 

僕が狙っているのは、最低650Gあたりからなので、その差は150G・・・お金に換算すれば、6~7千円位か。まあ・・・一回につきそのぐらい妥協できれば、現状でも気軽に打つことは出来るというかね。今の俺には、その金額はポイするには大きすぎるな。実際には650Gから打ち始めても連敗する事も普通によくある話だから、ちょっとねえ・・・。でも、5スロじゃつまらないという。ゲーセンだったらもっとやる気にならないな。だから、お金儲けはゲーム(遊び)とは分けて考えた方がいいって事だ。はじめの結論に戻った。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました