ビットコインや、株価指数先物の注意点

スポンサーリンク

一応、GMOコインで口座は開設したのですが、やっぱり今はやめとこうかな・・・なんて思い始めたGマンです。

 

予想通り、じりじりとビットコイン価格も下がっているようなのですが、ときたま、一瞬だけチャートがものすごい動き方をしてます。こういうのは、為替にもあって、ヘッジファンドが仕掛けているのか知りませんが、こういう所で、損切りを設定しておいた人のポジションが引っかかったりします。一瞬で沸騰するかのように値が跳ね上がったり(またはその逆)、そしてすぐに戻る・・・

 

冷静に考えると、そういう現象が時々起こるんだったら、あらかじめ現状よりかなり高い(低い)ところに予約注文を入れておけば、ひっかかってくれるんじゃね?と思うわけですが・・・それでうまく行くかもしれないし、でも僕はひとまず仕事に集中したいので、今ビットコインにも手を出すのはやめておこうと思います。

 

ビットコインは金額が大きいので、すごく儲かりそうなイメージはありますが、FXと違い、1枚でその値段なので、×1万通貨が基本のFXなら、1円動くだけでも1万円の損益(※1万通貨持っていた場合)なのですが、ビットコインではたとえば0.01BTC持っていたら、10万円動いても千円の損益です。また、レバレッジは上限が5倍までに変更になるようです。

 

 

前にご紹介した「くりっく株365」なんてレバレッジ100倍で日経平均などの株価指数に投資できるというやつですが、冷静に考えると、レバレッジ100倍ってヤバイ。FXでも今は最大でも25倍なのに、決して侮ってはいけないハイレバレッジです。初心者がうかつに手を出すと怪我をする可能性は高いのかな、と思います。(かくいう僕も、「今年は世界的に株高だから」なんてタカをくくっていたらいきなり冷や水を浴びせられました。まあ、まだ1月なので、どうなるか分かりませんが、果たして本当に今年は日経平均3万円に行くのか?(※マネックス証券社長の予想です)

 

レバレッジが低ければ、儲けも小さいですが損失も小さくなり安全性が増す。くりっく株365は、配当金ももらえるという所がCFDと違いますが、株価指数CFDには配当金がもらえるといった事はなく、またレバレッジは大抵どこも10倍です。(100円動くと千円の損益)また、いいとこづくめと思っていたくりっく株365は、思ったよりもスプレッドが開きます。たとえば日経平均なら通常時は30~40円程度だとしても、場合によって100円近く開くこともザラです。株価指数CFDなら、2~10円以内という業者があるので、レバレッジは10倍ですが短期勝負は仕掛けやすいでしょう。

 

 

スプレッドが100円開いているという事は、レバレッジが×100倍だから、ポジションを取った時点で1万円の手数料が発生したのと同じ事です。売値と買値の差が、それだけ開いています。利益を出すためには、この100円の差を余裕で埋めてもらって、さらに思う方向に都合よく株価が動いて行ってくれる必要があります。

いくら「手数料がたったの150円!業界最安!」なんて言っても、スプレッドの差が30円~100円×100倍もあるのだから、これも手数料のうちだという事を忘れないようにしましょう。

 

 

上がるか下がるかだけの、シンプルなものですが、油断禁物ですね。

折れ線グラフにするとパチスロと一緒に見えるのですが、設定とか、天井といったものはありませんからね。(苦笑)

 

 

<追記>そういえば、ビットコインって儲かった場合の課税率がやたらと高いらしいです!けっこう持って行かれるんだとか。

なので、仮に儲かっても翌年でかなり課税されるので、うかつに使ってしまうと後で税金が払えない、なんてことにもなりかねない・・・このあたりは見落としやすいポイントなので、仮想通貨やる人は税金の事も頭に入れておくべきでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました