日本経済は好調。あんまり余裕資金なくても日経平均に投資できるか?

スポンサーリンク

自分で書いておいてなんですが、年あけてたったの2日で、日経平均がなんと1000円近くも値上がりしたのでビビリました。(笑)

前回の記事で、日経平均に投資できる、個人投資家向けの先物miniや「くりっく株365」の話をしました。

 

普通の先物はレバレッジ(倍率)が1000倍となっており我々素人が扱うには難しいでしょう。簡単に言うと、賭博性がミリオンゴッドどころじゃなくすさまじくなります。(笑)

少し値が動いただけで、損益がそれだけ大きく変動するので、資金に余裕がないと、うまく行けば大儲けですが、一つ間違えればすぐにロスカット(※損失が一定限度を超えると、強制決済される事)されてしまうという事です

 

個人投資家向けにできた日経225mini というのは、レバレッジが100倍になっていて、多少扱いやすくなっていますが、先物特有の「限月」といった、持っていられる期限があったり(といっても、期限が来たら自動で清算されてしまうというだけなので、もしそうなったらまた新たに買いなおせばいいだけではないかと思いますが・・・面倒ではあります)

その点、「くりっく株365」ではそういった期限もなく、取引時間も8:30~翌6:00(※休日も取引可能)となっていて嬉しい所です。

ただ、くりっく株365も、日経平均×100 に投資するものなので、やはり投資資金はある程度余裕を持っていないと、ロスカットされてしまう危険性が高いです。
(※100倍と言う事は、日経平均が100円動けば、1万円の損得になるという事です。)

「日経平均に投資してみたいけど、そんなに今余裕資金がないからな・・・」という人向けに、
『日経平均の店頭CFD』という選択肢もあります。

これは、レバレッジが10倍になっていて、最低必要な証拠金はシンプルに現在の日経平均株価とほぼ同額です。(※現在の株価指数に合わせて必要証拠金額も変動する模様。)

 

証拠金維持率が100%を割り込むとロスカットの警告が来てしまうので、ある程度余裕を持たせるにしても、1枚あたり5~6万もあれば、2000円以上の下げにも耐えられる計算です。(※現時点の日経平均株価から計算した場合)

これがもし「くりっく株365」だと、5,6万程度では一応1枚買う事は出来るものの、ほとんど値下がりに耐えられずロスカットされてしまいます。こちらの場合は、個人的には1枚あたりできれば20万は見ておきたい所です。

(※ちなみに、今は日経平均が強気相場なので「買い」から入る前提で話していますが、これらの商品は「売り」から入る事も可能です。その場合、値下がりしたら買い戻す事で差額が利益になります。)

 

この、日経平均に低資金で投資できるCFDを取り扱っている業者でオススメなのが、あの有名なDMMさんのDMM CFD です。こちらの特徴としては、以下のような点があります。

 

・スプレッド(※売値と買値の差)が小さいので利ザヤを狙いやすい!
(DMM CFDでは、日経225のスプレッドは原則7.0円)

CFD取引は初めてでも簡単な7銘柄 。日経平均やダウジョーンズ以外にも、"原油"や"金"といった商品先物指数も取り扱っている。これらも低資金で運用が可能

・取引手数料や、口座への入出金も無料!クイック入金はインターネットバンキングから即座に反映されるので、チャンスを逃がさず取引が可能

上記のようなメリットがあります。

また、レバレッジが10倍という事は、くりっく株365や日経225miniのような商品よりも、より低リスクで初心者向けと言う事が出来ます。

 

 

◎具体的には、どのぐらい儲かる(or 損する可能性がある)のか?計算してみましょう。

 

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

例)6万円入金して、日経225が24000円の時に、★DMM CFD★で1枚買った場合

 

◎ 27000円になった時に利益確定(売り)→(27000-24000)×10=3万円の利益(口座残高は9万円)
× 21000円まで下がった時に損切りした場合→(21000-24000)×10=3万円の損失(口座残高は残り3万円)

– * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – * – *

イメージとしてはこんな感じです!

個人的には、日経平均もそうですが、DMM CFD では金にも投資できるというのが魅力的に思いました。世界的に紛争リスクが高まったり景気が冷え込むような時は、円高・株安になる傾向がありますが、そんな時にも(そんな時こそ?)金という商品は暴落のリスクが低いので人気があるようです。

最近流行りのビットコインなどは、どうでしょうか?実体のない電子マネーなだけに、何か有事の際にはデータが消えてしまったりといったリスクはないのでしょうか?(一応、そんな事がないようにセキュリティ対策は当然しているでしょうが・・・ 個人的には、恐ろしい金融危機の引き金にならないか?と心配しています。もしそうなれば、僕がちまちまやっているFXとか、日経平均にも影響がありそうなので・・・ と言っても、米サブプライムローン問題の時ほどの深刻な影響はないだろうとは思いますが。)

 

色々な投資商品がありますが、今アツい日経平均に(5~10万程度の)低資金から投資が出来て、金などの商品にも投資が可能なDMM CFDは、個人的にも良さそうだな~と思います。

世の中には、たとえ好景気だろうと「私はただ貯金しておきたいだけだから。増えなくてもいいの!」という、リスクを嫌い安定を好む人たちも一定の割合でいらっしゃいますが、僕なんかはどうしても、損得計算して十分儲けが見込めそうな時は、多少リスクを冒してでも投資したくなりますね!この辺は、個人の性格にもよるところでしょうね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました