自然の脅威を見て、今後の世の中について考えた。(記事加筆修正しました)

スポンサーリンク

どーもこんにちわ、Gマンです。西日本では大雨の被害が大変な事になっているようで、こんな時にパチスロの話を書くのはためらわれるのですが、どうしよう・・・。本当に笑いごとではないですし、というか、東日本も要注意ですよね。最近は強風がすごいし、地震もでかいのが来そうな気配あるし、大雨もあのようなクラスのが来れば、東京都も一部地域は大変な事になるでしょう。特に荒川周辺の区域などは標高も低く、堤防が決壊すれば交通機関もストップするし、車や家の一階や下手すると二階も浸水します。そして沢山の死者が出ると言われています・・・。

 

本当に備えとか、危ないと思ったら早めに逃げる事が大事だと思います。たとえばパチンコ屋に居ても、会社に居ても、”もしここでいきなり大地震が来ても大丈夫かな?”と、想定しておくと良いでしょうね。そういえば僕がよく行くパチンコ店は上階がなく、パチスロ台もしっかり固定されているのが普通なので安全度は高そうです(?)。駐車場も広いですから、まず上から何か落ちてくるような事はないでしょう。しかし、雹がたまに降ったりするので、もし大粒の雹が降ったら車が傷つくかもしれません。ダイヤモンドダストー!!!・・・とかふざけて調子こいて記事を書こうと思ったのですが、やはり今回は自重する事にしました。あと、もし電力がストップすれば、停電時の出玉保障はないでしょうね。。。メダルも早く交換してさっさと帰るべきでしょうが、大地震だったらメダルもその辺に散らばって他人のメダルと混じったりしててんやわんやですね。海の近くの店だったら、場合によってはメダルを流す事よりも一刻も早く逃げないと命に関わる(津波)、なんて場合もあるかもしれません・・・。まあ、色々書いていたらきりがないけど。

 

 

自分の住む家や職場、良く行く場所などは標高を調べておくと良いかもしれません。google map で、標高を見る事ができます。

 

 

豪雨の被害も前例のない規模のものが出てきていますが、聞いた話では、今後北極や南極の氷が解け出し、水位が上昇するんだとか。米軍やNASAはすでに標高の高い内陸部へと移動しているそうです。日本でも多分海岸や川沿い・標高5~8m以下の地域などはそう遠くない未来に水没する可能性があるかもしれません・・・。

 

 

地震や水害、虫害など、自然が牙を剥き、まるで進撃の巨人のように人類を襲うかのようです・・・。

自然が荒れる原因の一つとして、森林伐採や自然破壊の他、現代人が自然への畏れとか信仰心をどんどん無くしている事があるんじゃないか?という気がします。なんでも科学で分かる事ばかりじゃないですから・・・。むしろ分からない事なんてまだまだ山ほどある。

 

 

大自然が怒りださないよう、災害への備えをしっかりしつつ、自然への畏れと感謝を忘れないようにしたいです。元々日本は、偶像崇拝ではなく自然そのものを崇める精神性の国ですね。神社も本来は自然への感謝を捧げる場所だった。そういった伝統にはやはり、太古からの知恵みたいなものも含まれているんじゃないだろうか・・・そんな気がします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました