葛藤、そして・・・

スポンサーリンク
パチスロ・考察

Gマンです。長らく更新が止まっていて、まあ固定ファンの方というのはほぼいないかなとは思うんですが、一応すみませんでした。m(_ _)m


何故更新が止まっていたのかというと・・・病気を患っての入院です・・・。

 (どんな病気かというと・・・普通に笑えないレベルの病気だったりする)

まあ理由は他にもあって、そうなる前からも凱旋100台天井狙いの成果がしょぼかった事のショックや、他の事をやっていたというのもあるんですけどね。

そんなわけで今、病室からポチポチ更新しています。。。

­ ガチプロとの差に「悔しい・・・」

病院のベッドでスロプロさん達のブログやツイッターを読んでいると、かなりの成果を上げている人もチラホラ。短期的には月100万(ミリオン)達成していたり、平均にならしても月40~50万位稼いでいる人、また、大学の単位を落とさずに3年間で一千万をスロットで稼いだ、なんて人もいて、 レベルの違いに愕然としました。

自分は今回、入院する事になって「自分は死ぬかもしれない。長生き出来ないのかな・・・?」という所まで初めて追い込まれて、その結果、「退院したらもうパチスロから足を洗おうかな」と思いました。人生は有限だ。寄り道しているヒマはない・・・!

でも、これまでの自分のスロ成績や収支が、上で書いたようなプロの方々と比べるとあまりにショボイという事に気づいたとき、

人と比べる必要なんてないんだけど、でもせめて「単月で50万以上は達成してから辞めたい!それぐらいなら頑張れば出来るはず・・・!」

こういった気持ちが湧いてきてしまうのです。><

「ふふふ。退院できる事が前提、というわけですか・・・?」

あんまりプロに向いてないかも 

そうはいっても、自分は

 1:タバコは吸わないし、嫌い

 2:長時間ハイエナしたり、正社員並みに稼働する忍耐力がない

 3:ホールで助け合えるスロ仲間、横のつながりがゼロ。完全にピン稼働

 4:自分はあくまでも兼業(という事にこだわりがある?)”専業になってはいけない”とどこかで思っている

こういった、プロとして稼ぐには「不向きな要素」もある・・・

※3については、やはりほかの専業さんをニートとか社会の●●、”彼らと同じようになってはいけない”という目で見ている限り、仲良くなるというのは無理だろう。地元ホールにも居るけど、自分から心をオープンにしないと・・・(もちろん、誰でもいいというわけではないけど。)

※ちなみに、今の僕は専業さんでも面白い人やすごい努力家がいる!という事が分かったので、専業の人というだけで嫌悪する事はないです。

スロでもっと稼ぐには、より知識を身に着けて打てる機種を増やし、稼げる戦略に徹して、そして何より、本業のごとく稼働時間を増やすこと・・・

↑これが出来るかどうかやってみないと分からないけど、普通の仕事とは全く違うので、人によってはそんな生活は精神的に耐えられないのかもしれない。(自分もあまり自信はないです。過去最高は月間120~130hぐらいだけど、まあ本当に兼業だった事もあってほとんどの期間はもっと月の稼働時間は低かったです。)

年齢もネックに

さらに自分の年齢(=30代)も考えると・・・

『パチスロはほどほどにして、まっとうに仕事で食っていく事に努力するべきではないでしょうか?』

 そんな気がしてくるとです。。。

「君はそんなに器用なのか?」

特に自分は今、(フリーランス)プログラマーを目指して勉強している身だ。

こんな諺がある・・・ 

『二兎を追う者は一兎をも得ず』


与沢翼も言っているぞ。 

『一点突破』
人間は色んな事はできないから、成功したければ一つの事に集中せよ、という意味らしい

結論

自分の年齢(30代)を考えると、スロットは程々にして、まっとうに仕事で食っていく努力を優先するべき。

※もし俺が20代だったら、スロプロになってもっと成果を出してみたかったです~。

 

(とはいえ・・・)
もちろんパチスロは趣味でもあるので、完全にやめる必要はないかな?と思っています。当分はパチスロの実践記事は無理ですが、入院中でも更新できそうな時にはブログを書くつもりです。よかったらまた覗いてみてくださいね!それでは~(・ω・)ノシ

 

☆ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
クリポチ感謝です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました