6号機はハイエナしやすいのか?/パチプロのやりとりから感じた事。

スポンサーリンク
パチスロ・考察

スロプロ投資家(?)のヲ猿さんのYoutube動画を見ての感想です。

というか、むしろ僕が注目したのは、この動画のコメント欄でのやりとりです。

エナ専のヲ猿氏と、設定狙いでも稼ぎまくるプロの方との対話です。

それを読んで思った事などをまとめてみました。


『6号機はハイエナ環境!?』

動画では色々な5.5号機の機種のハイエナポイント等も解説されているようでした。

 

スポンサーリンク

動画の要点(ざっと)

  •  5.5号機の方がハイエナ向き機種がそろっている
  •  リゼロなどは狙い目ポイントが少なく、分かりやすすぎて逆に拾いにくい
  •  エヴァ(6号機エヴァの、AT777の事かな?)は別らしい 等

・・・

以下、この動画のコメント欄に投稿された某プロの方とヲ猿さんのやりとりを自分なりにまとめてみました。

某プロの意見

  • ハイエナしかしないのは愚か。設定狙いの方がおいしいし期待値も積める
  • あくまでもハイエナは高設定Aタイプ等を拾えない時等のつなぎにする事に過ぎない
  • ハイエナできる頭あるなら、ホールのクセ読んだりして、設定狙いもできるはず
  • どこの地域に行っても、設定5すらないという地域はなかったよ?
  • 例えば、セイヤのリセット狙いではどれだけブレるか分からない。それだったらファンキーの5を打ち続けた方が収支は安定するよ

感想

たしかに、僕の場合も機械割高めのハイスペックなノーマルAタイプ狙いというのは大いにそそられます。
(クラセレの6据え置き拾って5000枚とかありましたから。ただ、なかなかツモれなくて大変というだけ)

ただねえ・・・「設定を見抜く」って、簡単に言うけど、これもなかなか大変じゃない?と思うわけです(才能ナシ?><)


それこそ研究と調査の賜物であり、まさにプロという感じがしますけども・・・
(ハイエナしながら、ホールのクセも見抜いていけば良いんでしょうが)

それと、『ジャグラーを一日中回し続ける』とか

こういう事が苦に感じない人は良いですけどね。ボクなんかタバコも吸わないし・・・

そういう人生って、どうですか?という話になってくる。そういう人生でも良いか?イヤか?

若いうちは良くても、目押しできなくなったらキツイでしょうし、目の病気の他、腰痛とか、受動喫煙の影響とか、健康リスクも大きそうです。

 

長い時間をかけて、ようやく設定狙いでも食えるスキルが身につくのかもしれないけど、

人生の貴重な時間を、それだけパチンコ・パチスロに費やす事になりますよね。

それで悔いがないなら良いのですが、「そんな人生は嫌だ~」という場合は、やっぱりパチプロへの道というのは容易には踏み出せない。

これはどんな仕事でもそうでしょうが、

専門性の習得には長い時間がかかる。(天才以外は。多分)

そして、「専門性こそが豊かさへの道」とも言えるのではないか・・・

(誰にでもできる仕事は安い)

だからこそ、自分が日々、何の勉強・修行をしているのか?これを慎重に考えたいです~

(なんか、エラソーにすいません!)

人それぞれ、人生の歩む道。


というわけで、最後は「スロットで食える・食えない」の話から逸脱してしまいましたが、

某プロさんの意見は、やはりプロ向けの意見だと思いました。


本当にパチやスロが好きで向いてる人じゃないと、そこまでコミット出来ないんじゃないか。


この方も、「別に他のビジネスだっていい」と書かれていたようですし、

単にパチスロを楽しみたいのなら、仕事や他のビジネスで成功し、それから打てば「お金ないからハイエナしなきゃ打てない」なんて事もなくなります。正直、そっちの方がいいに決まってますよね?

 

 

世の中にはいろんな「プロ」、いろんな「職人」がいる・・・

人生は有限ですから、悔いのない道を行きたいものですね。

 

★ブログランキングに参加中!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

クリポチ応援よろしくです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました