沖ドキで、スイカ解除で天国に行かなかった時に最善の打ち方は?(前編)

スポンサーリンク
パチスロ投資
スポンサーリンク

沖ドキで、スイカ解除で天国に行かなかった時に最善の打ち方ってあるんでしょうか?

今回は上記について考えてみました。
全ツッパ? 32ゲームでヤメ? それとも・・・??

まず、スイカ解除前にモードAだった場合を考えると、スイカ解除時のモード移行率は設定1で、天国以上が21.87%、モードBへ移行が50%、モードA滞在が28.13%となります。

 

となると、約72%でモードB以上に行くわけです。

しかし、32ゲームを抜けてしまった時点で天国以上の可能性は消えるわけだから、その時点での滞在モード振り分けは、実質モードA:約36% モードB: 64%となる。(※偶数設定なら、モードB:73%以上ですが、ここでは設定1の場合を前提に書いてゆきます)

36%とは、モードAに留まっている可能性が1/3よりは若干高いという状態だ。

 

しかし、もともとモードBに居た可能性も半分近くある(※打ち始めた時のスルー回数などによって変わってくるけど、たとえば2~3スルーから打ち始めた場合)のだから、実際はモードBに居る可能性はもっと高くなるはずだ。

 

という事で、2スルー+3スルー目がスイカ解除だったような場合(または、3回スルーのうちいずれかがスイカ解除だった場合)のモードB滞在確率は、通常当選だけで3スルーした場合よりもかなり高いと言えるだろう。2スルー以上で、うち1回でもスイカ解除があれば激アツではないだろうか?

 

(※なお、モードA滞在時で確定役や確定チェリー(3連チェリー)解除の場合は、解析を見る限り、追わない方が良いと思います。通常当選よりもモードB移行は多少優遇されているもののモードA滞在比率の方が大きく、スイカ解除よりもだいぶ分が悪いです。

スイカ解除は大チャンスなのです!

 

★ただし、スイカ解除でもハイビスカスが通常点滅の場合のみ、上記よりもモードB移行期待度は少し下がります!この点について詳しくは続きの記事に書きました。

 

そこで、「スイカ解除」や「通常当選でも同時/高速/スロー点滅後の場合」は、32Gでヤメないで、全ツッパしたくなる人も多いだろうが、さすがにモードB「濃厚」というだけで全ツッパはリスクが高いと思います。天井までハマる可能性もあるし、Bであっても天国以上移行率は約50%(偶数なら60%)に過ぎないからだ。(※通常当選や天井、チェリー以外の当選の場合は、天国移行率はもっと上がるけど)ほんの500枚やそこらで終わるかもしれないのに、実質青天井の底なし沼なんですから。

※高速/スロー点滅はモードB濃厚ですが、同時/通常→同時点滅パターンは、モードB以上「確定」です。この場合は32ゲーム抜けからでも十分期待値があります。

 

ところで、

32Gスルー→「勿体ないので、もう少しだけ追ってみる」というのはアリ? 

実は、1~50Gまで回した場合と、51~100Gまで回した場合で、費用対効果が異なってきます。沢山回すほど、費用対効果は薄くなる。

設定1のモードA・Bのボーナス確率1/243の場合だと、約168ゲーム回せばおよそ1/2(つまり50%)の確率でボーナス当選するのですが、ではそこからさらに168ゲーム(つまり336ゲームまで)回したら、50+50=100%の当選率になるか?と言えば、なりませんよね。この場合は50%のさらに50%だから、75%の当選率となります。

 

このように、ハマればハマるほど、当選率というのは二次関数の曲線を描いて下がっていくのです。(もちろん、169ゲームから打ち始めて336ゲームまで回した場合の当選率は50%ですが。)

 

なので、これはあくまでも一案ですが、
『モードB濃厚の場合のみ、もう一回だけボーナスを引きたい。でも全ツッパはイヤ』といった時に、たとえば「あともう少しだけ投資して、1/2でボーナスをツモれるチャンスに賭けたい!」と思った時は、168ゲームまで追ってみるというのはいかがでしょうか?

 

あまり深追いすると、中途半端に諦めたらカマ掘られるし、そうでなければそのまま天井狙いすることになり、それはちょっと嫌じゃないですか?たとえモードBの可能性大としても、浅い所から全ツッパというのは、それこそモードB確率が95%以上というぐらいじゃないと、僕だったらやりたくないです。(ちなみにそう言える状況が1つだけあって、それは、リセット直後の台で200ゲームちょうどで当選していた場合です。)

 

であれば、個人的な考えですが32ゲーム抜けても80~150ゲーム位まで回してみて、それで当たらなければ一回ヤメ、もう少し誰かが回してくれるのを待つというのが良いんじゃないかなと思います。もしそれで400ゲーム以上になるまで回して捨ててもらえたらしめたものです。

 

ちなみに設定1で999ゲーム(天井)までハマる確率は、1.62%。1ゲームから全ツッパした場合、天井まで行ってしまう確率は約62回に1回しかないという事になりますが、そうは言ってもやっぱり怖いと思いませんか?(この怖さが分からない人は沖ドキで火傷した事がない人か、もしくは長期間で勝ち続けている実績があるのなら沖ドキのプロかもしれませんね)

 

1ゲーム目から天井までハマる確率は1.62%。それに比べると、1から500ゲームまでのハマり確率だと約12.7%となり、約7.9回に1回だけ。(※500から999までハマる確率と同じ)

一方で、1から168ゲームまでに当選する確率は50%(1/2)もあるのです。

天井まで行かないと100%にはならないのに、たった168ゲームで50%に達するというのが、なんだか意外というかオイシイように思えてくるのです・・・。(まあ、天井直前でも98%以上にはなりますが。)

 

この「中途半端に追う」という微妙なスタイル・・・あなたはどう思いますか?

一見ド素人みたいですが、一応、色々考えた結果の作戦なので、これがベストとは言えないのですがアリなんじゃないかとは思っています。

(※リスク回避のために、モードB濃厚でも32ゲームでヤメるというのは全然アリだと思います。とにかく沖ドキ!は凱旋やハーデスとは違い実質“底なし”なので、深追いは危険なのです。

 

また、同じスイカ当選であってもハイビスカスランプの光り方によって、次回モードB期待度が変わってきます。長くなってしまうので続きの考察は別の記事に書きます。

 

★ブログランキングに登録しています。ポチっと応援して頂けると励みになりますm(__)m

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました