凱旋・SGGで煽りすらなく駆け抜け!恩恵は?/Aタイプ設定狙いのコツは?

スポンサーリンク

ミリオンゴッド凱旋をまた打っていた時のこと。

久々にSGGに突入し、しかも中段揃い!これは何かあるのかな?

・・・と思いきや、特に何も起こらず、3枚役と15枚役だけで淡々と消化してゆく・・・。赤7フェイクのあおりさえ起こらず、残り2G

「たしか、赤7フェイクの煽りも何もなく、駆け抜けで終了すると、50~75%のループストックが発動する救済措置があったはず!」

それで残り2Gから急きょ、「むしろ何も起こらず終われ!」と念じる作戦に変更。(ま、作戦て言うかなんて言うか・・・)

そしてそのまま無事に終了!やったー

これで救済措置の、50%以上ループストックをGETしたはず!!

しかし・・・よく調べてみると、救済措置の場合のうち、3/4はループストック50%だ。

50%という事は、1/2の確率で上乗せ0なので、平均2連という事でそんなにすごくはない。50%では平均2連にしかならない・・・

ループストック75%の方なら、平均4連となり、なかなかオイシイが・・・

(※ちなみにGOD8個分の超レア役・強チャンス目でGG当選した場合は、 ループ抽選 3:1で、67%:75%の振り分けになります。)

さて、赤7のGGが終了し、来いッ!と思ったけど一回も連チャンすることなく終了しますた。(T^T)

その後、近くのお店で買い物した後に、また同じ店を巡回してみたら、クランキーセレブレーションの、ボーナス確率が6を上回っている台を発見。

ためしに打ってみると、千円でBIGを引き、そこから怒涛の連チャンが始まった!!! まるで、赤7を駆け抜けてしまった救済措置が、クラセレで発動したかのように・・・

  

ボーナス後1Gでリーチ目出現! ボーナス曲がなにげに豊富ですね。

 

初のカウント999OVER達成記念

結果・・・

一撃1500枚ぐらい連チャンし、一時的にGODに匹敵しました!(出玉が増えるスピードはGOD以上に!)

しかし・・・俺としたことが、一時的に連チャンしまくった事に満足してしまったのか、「どうせこの後ハマるんでしょ?いつやめようかな~」という逃げ腰モードに。まあ実際、そういう経験を何度もしてきたってのもありますが。

実際この台を前に打っていた人も、400Gで捨てていましたからね。自分も連チャン後、300Gぐらいで捨ててしまったのです。

それは、

「今は設定6よりもだいぶ上回る確率で当たっているから、この後ハマって、確率が本来に戻ろうとするのではないか・・・」

このように考えたからです。

しかし、ネットで調べると、ジャグラーとかでもそうですが、たった7000回転程度では、そのような帳尻合わせの収束は気にしなくて良いレベルなんだとか。つまり、高設定と予測して座り、目論見通りに調子良く連チャンした後は、ハマりが来ても(そりゃ、6であってもハマる時はありますから)”構わず打ち続ける”という選択をした方が、良かったかもしれない・・・

その結果、さらにメダルを増やせるかどうかは、自分の読みの正確さ次第ですね。もちろん、一度や二度じゃ分からないので、一定の期間、長い目で見て成果が出ているかどうかで判断します。

ちなみに今回は、後日その台のデータを確認しに行ったら、あの後少しモタついていたものの、その後はまた設定6にふさわしい当たり方で、最後まで安定して調子の良いグラフでした。(最後まで、設定6の確率を上回ったままでした・・・!)

僕は1500枚ぐらいで流しちゃいましたが、この日この台でずっとがんばっていれば、4千枚ぐらいは十分射程圏内でした。こういうチャンスをモノにするには、判断力、粘り強さがいりますねw。

とはいえ早逃げも悪くはない。調子よく連チャンした後に、だいぶ目減りしてしまってギブアップ。なんだかバカみたいな気分・・・という経験を何度もしてきた事もまた事実なのです。

特に機械割の高い機種が、通常営業日にいきなりポンと設定6を使っている可能性は一般的にはまずないと考えた方が良いので、つっぱるのは余程自分の読みに自信があるときだけにした方が、収支が安定するでしょう。

ボーナス確率だけで判断するのは精度があまり高くないので、可能な限り一つでも多くの設定判別要素を考慮する必要がある。

一番重要なのは、「そもそもそこの店はこういう日に6を使う店なのか?」という判断かな。たとえイベント日であっても6を使う事はまずないという店もあるので、そういう店でたまたまボーナス確率の良い台を見つけても、それが6である可能性は低いです。

お店のクセや傾向をしっかり見極めてからじゃないと、設定読みは難しいでしょうね。

一方で、天井狙いなどは規定のゲーム数にさえ達すれば救済が発動するので、こちらは設定読みよりもだいぶ難易度が低く、結果が出しやすいためオススメの勝ち方です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました