猛禽と友達になったよ(もうサンダーVは打ちたくない、の巻)

夜勤明け、一旦帰宅して仮眠して、夕方前に近所のパチ屋に行ってみた。

 

ここでは同級生に再会する事がよくある。近所すぎて、あまり頻繁に顔を出したくないのだが、立ち回るにはなかなか悪くない店舗でもある。数年前から、行くとかなりの確率で見かける、専業の人?背の高いおっさんなのだが・・・が根城にしている店でもあったりする。

 

 

REGが先行しているサンダーVリボルトを見つけたので粘ってみたところ、意味不明なREGの超連打wいじめですか?これはいじめですか~??しかもハマりを3度もくらう。それでも、REGの超連打があったりしたので、ボーナス確率だけは6並をしつこくキープ。それでも、設定6と仮定するとなかなかありえんぐらいのハマり具合。(一度じゃないというのがミソ)

 

しかも、この機種は目押しがきつい。BIG中も効果音発生時だけしか目押しチャンスがないし(しかも3回!)、最大獲得枚数取れないまま終わってしまう事も・・・これだったらクラセレの方がずっと楽。(クランキーコレクションは、少しだけ打ったことがあるが、あれも目押しはかなり難しい機種だったと思う。)

 

 

最終的に、今日に限らずREGばかりが出過ぎているこのサンダーは、何かオカシイ!という結論になった。しかも、逆押しREG狙いで、スイカ or ボーナスという出目の時にスイカハズレが3回もあったのに、それらは確定ではなかった・・・(!?)。これも腑に落ちないが、自分の狙いがズレていたか、それとも、逆押しでは狙ってもスイカこぼしが発生するという事なのか、どちらかだろう。

 

なんだかんだ、スイカを5回はこぼしたと思う。通常の打ち方からして面倒くさい。これもイヤになった一因だ。

 

以前にはART機みたく4000枚がほぼ一直線に出ていた事もあったし、もしかしたら不正基盤でも入ってるのかもしれない。こんな台、もう二度と打つか!!そう思ったのでした。。。昔あった「サンダーVスペシャル」のボーナス曲は、最高にカッコよくて好きだったんですけどね~。

 

ベル確率もカウントしていたけど、設定6以上だった。本当にこの台には翻弄されました。

 

(ベルを数えているのを、はじめ店員に隠していたけど、やっぱり隠すのはやめた。隠すと逆に怪しく見えるようだし、カウントしてるだけで迷惑行為扱いをされるようなら、もう二度とこの店には来ない、それでいいやと思ったので。それに専業の(?)ハイエナ男クンをずっと飼っている店じゃないか!笑)

 

 

そうこうしている間に、もう21:30。クランキーセレブ氏を見に行くと、830回転でB7:R3 という台を発見! 残り200枚ほどのコインをもって移動。どうせもう時間がないので、子役カウントはしないつもりで打ち始める。すると・・・開始5Gでリーチ目!ここから爆連が始まった!しかも、一応ベルBやスイカ、コンドルBIGを数えていたけど、これらの数値もかなり良好。間違いない、多分きっと、6でござろう!

 

閉店近くまで1時間、ブン回した。先ほどのサンダーでのクソ不運の反動と言わんばかりに、強運が発動ー?!

しかも、サンダーと比べるとすごく打ちやすいでござる♪

 

・ ・ ・ 

サンダーの他にも、パチンコを打ち散らかしたりもしていたけど、クラセレ60分で850枚出たのでなんとかプラスに。

本日は約6時間で+5500円でした。

 

 

 

(食ってごらん・・・)

 

 

俺「え?」

 

 

 

(食ってみろよ・・・?)

 

 

俺「誰??」

 

 

コンドル『俺は逃げも隠れもしない。いつでも、お待ちしているぜ・・・』

 

 

コンドルがそう囁いたような気がした!

 

 

「アハハハ・・・このじゃじゃ馬、いや、じゃじゃコンドルめ!」

 

ゴキゲンなGマン。ついにコンドル君と心を通わせる事に成功したのだろうか?

だが、相手は猛禽。油断は禁物だ!

 

(妄想垂れ流しサーセン! あと、仕事そっちのけにならないように気を付けます。)

 

 -written by 

パチスロ投資
スポンサーリンク
この記事をシェアする
カテゴリー
ミリオンぶろぐ ~Gman's journey~

コメント