元手0円!?拾いものビジネス

スポンサーリンク

こないだTVで、拾いものビジネスの特集をやっていました。

 

・ゴルフ場の池でゴルフボールを拾って年商一億五千万円

 

・所有する山でコケを取って年商二千万

 

・海岸で見栄えの良い流木を拾って年収300万 など

 

 

あと、ニューヨークの宝石店の多い通りで、道路の溝のゴミ・ほこりをかき集めるとその中に宝石のかけらが混じっているので金になる!とかもありました。

 

 

なんだかとても簡単そうに大儲けしているような気さえしますが、もちろん実際には大変な事もあるのでしょう。とはいえ、ある意味でパチスロの狙い目の台を拾うのにも似ているな、と思ったのも事実です。やや、ニッチなマーケットという点と、基本的に拾うだけという点が似ています。

 

ゴルフボールを拾うやつは、ダイバーの服を着て潜っていました。池の中にはものすごく大量にゴルフボールが落ちているんだそうです。僕はダイビングはやったことがなくて・・・もしダイバーの潜水服を持っている人は、早速ゴルフ場に電話してみてはいかがでしょうか?中古のゴルフボールは1個あたりは安くても、沢山さばければ金になるのでしょう。そこまで出来て初めて金になるというわけですね。

海岸での流木拾いなんかは、もうかなり真似している人がいるようです。もしかしたら、火山に行って溶岩を拾って来たら売れるかな・・・?危険ですが、こうなるともうモンハンワールドですね。

 

 

シンプルすぎて簡単に他人にマネされるというリスクがある反面、気楽にチャレンジしやすいという長所があります。理念もクソもない、ただ拾って売るだけだ!(あ、でも中にはちゃんとした信念をもってビジネスされている方もいらっしゃるかな・・・僕なんかと一緒にしちゃいけませんね・笑。)タケノコ狩りなんかは、人様の竹林で勝手にやると窃盗罪になると思うんで、気を付けましょう。希少生物の密猟なども同様で犯罪ですね。個人的には、コケを売るやつがいいな~と思いました。自然がコケを育ててくれるので、取りつくさなければまた生えてくるんですから。(クマには注意ですね!その場合は先日紹介したクマ除け鈴を・・・)

 

まず、山を持ってる人が少ないですからね。世の中にはいろんな商売があるものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました